笑顔の男性

電位治療器の特徴

電位治療器の特徴等について

空を見つめる男性

電位治療器とは医療機器の一種です。日本では医療施設で扱う物と、家庭で使える物の2種類があります。 電位治療器の原型は日本で発明されたと言われています。1928年に日本の発明家が作り出しました。それが改良を重ねて、現在のような形へと進化しました。今では数多くのメーカーから販売されていて、その種類は何十種類にも及ぶと言われています。 電位治療器が持つ効果としては、頭痛や肩こりの改善、不眠症や慢性的な便秘の緩和等があります。ただ、これらの効果は日本の認証基準をクリアした機器の効果として、法律で認められているものになります。そのため、認証基準をクリアしていない電位治療器に関しては、上記の効果は認められていないです。

具体的な治療方法等について

電位治療器は電界を利用して治療を行なう機器になります。電界とは、電荷に力を及ぼす空間の性質の一種です。この電界を上手く利用する事で、様々な健康効果を得ます。 電位治療器の仕組みは、電極間や電極とアースの間に高電圧をかけるというものになります。この高電圧をかける事によって、電界が発生するのです。発生した電界の中に人間の体を置く事で、治療を行ないます。 電位治療器は広く普及している治療機器ですが、利用にあたっては注意点もありまう。代表的な注意点としては、ペースメーカー等の電気機器が体内に埋め込まれている人への治療は危険だと言う点があります。こういった人に治療を行なうと、体内の電子機器が誤作動を起こす恐れがあるためです。 また、それ以外の注意点としては、機器が濡れている状態で使わない事、心臓病等の持病がある人への使用は注意する事等があります。